トップページ >> BRASSAの詳細

研磨機 BRASS情報

BRASSA 会社名 株式会社ジャックス
機種名 BRASSA(ブラッサ)
タイプ 2工程自動研磨機
研磨時間/枚 約1分30秒(バフ交換時間含む)
最大研磨力 100ミクロン
ランニングコスト 約5円
定価価格 32万円

株式会社ジャックスが作るBRASSAは、現在私が利用している研磨機の中で、最もすぐれている研磨機といえます。研磨力があるのはもちろんとして、やはり注目は研磨時間ランニングコストの安さです。

タイプ

2工程の自動研磨機で、2工程が40秒程度で終わります。研磨速度は業界でもbPではないでしょうか。

私の会社では人を雇って研磨をしているのですが、研磨時間が早いので人件費も安くなりました。バフ交換をいれても1分30秒ですべて終了します。とにかく早い。これが率直な感想ですね。

最大研磨力

100ミクロンとなっており、非常に強い研磨力です。研磨力でみた場合BRASSAが最も適している機種です。表面の傷であればたいてい取れます。

ランニングコスト

BRASSAを購入するときに、1枚あたりのランニングコストが約5円と聞いて「誇張だろうな」と思っていましたが、実際に5円という値段が納得できるほど安いと思います。

その他の研磨機に比べて消耗品がほとんどいらない仕組みになっていて、消耗品を仕入れる回数が減りました。研磨スピードが速いので、人件費も考えればかなりコストダウンできたと思います。

定価

定価が32万円です。ケンマックのKenmac−G3やプレンティーのSOMMEG SENIORあたりとの比較になってくると思います。

その他評価

研磨機の機械自体が非常に作りこまれているというのを感じます。機械がコンパクトなので、置く場所に困りませんし、音が非常に静かなのでお客さんの見えるところにおいたとしても問題ありません。

BRASSAを製作した株式会社ジャックスさんは、もともと研磨機を利用する側だったそうで、利用していて「もっとこうして欲しい」という点を自社で取り入れていったそうです。

マイナス点をあげると、やや掃除が手間なことくらいでしょうか。その他は非常に完成度が高く、必然的に満足度も高くなります。管理人が一番お勧めする研磨機ですね。

上位機種にBRASSA-FAがありますが、FAは手入れもほとんどいらないので、お金に余裕がある人はFAのほうがお勧めです。

■ BRASSA販売サイト

研磨機の機種別評価

株式会社ジャックス
BRASSAの詳細
BRASSA-FAの詳細

株式会社昭洋精機
CDS-Zの詳細
AMR-1の詳細
GDM-70の詳細

株式会社Plenty
CDR-30の詳細
SOMMEG SENIORの詳細
SOMMEG MASTERの詳細

株式会社ケンマック
Kenmac-CDの詳細
Kenmac-G3の詳細

有限会社メディウス
MSF−3000の詳細

[PR]amzon