トップページ >> CD研磨機、DVD研磨機を比較

CD研磨機、DVD研磨機を比較

当サイトでは、現在8つの研磨機を情報を公開しています。

この8つの情報を表としてまとめてみました。

機種名 タイプ 価格 最大研磨力 研磨時間 ランニングコスト/1枚
BRASSA 自動 2工程 32万円 100ミクロン 1分30秒 約5円
BRASSA-FA 全自動(1枚) 56万円 100ミクロン 1分10秒 約6円
Kenmac-CD 手動 1工程 26万円 20ミクロン 1分30秒 約10円
Kenmac-G3 自動 3工程 37万円 20ミクロン 2分 約10円
CDS-Z 手動 1工程 26.8万円 2.5ミクロン 5分 約12円
AMR-1 全自動(1枚) 44.8万円 2.5ミクロン 5分 約10円
GDM-70 全自動(70枚) 198万円 2.5ミクロン 5分 約15円
CDR-30 手動 1工程 31.2万円 0.14ミクロン 5分 約20円
SOMMEG SENIOR 全自動(1枚) 57,5万円 26ミクロン 4分30秒 約9円
SOMMEG MASTER 全自動(50枚) 270.6万円 29.4ミクロン 5分 約10円
MSF−3000 手動 1工程 10万円 0.14ミクロン 4分 約15円

こうして表にしてみると、BRASSAシリーズが優秀であることがわかりますね。詳細については、それぞれの機種名をクリックしていただければ情報がみれるようになっています。

また新しい機種の情報が入り次第、追加していきます。

タイプ

研磨機のタイプには、自動と手動があります。自動の場合は、一度セットすると特定の工程を自動で研磨する仕組みになっています。

自動の場合、途中でバフといわれるスポンジ交換を行う必要がありませんが、当然最初にセットする必要などはありますので、全く手間がかからないわけではありません。

それでも手動1工程といわれる全部手動の機械に比べれば、自動のほうが手間がかからないのは事実です。自動のほうが料金がやや高くなりますが、できることなら自動のほうがいいですね。最近の新機種もほとんど自動タイプですので、あえて今手動を選ぶという選択肢は少ないのかもしれません。

研磨時間

研磨をする時間のことを研磨時間といいます。1枚あたりにかかる時間を上記表に掲載しています。

最も早い機種で、1枚あたり1分10秒となっています。BRASSAやKenmacなどが早い機種にあてはまります。この2機種は、非常に研磨力が強いため、それにあわせて研磨時間も短くなっているものと思われます。

研磨時間が長い機種では、1枚につき5分ほどかかってしまうので、大量に研磨をする場合は大きなタイムロスとなってしまいます。

研磨時間についても研磨機を選ぶにあたって重要な項目だということを認識しておいたほうがいいですね。

その他項目について

価格、ランニングコスト、研磨力については、それぞれ記事をまとめていますので参考にしてください。
>>ランニングコストとは
>>研磨機の価格について
>> 研磨力とは

研磨機の機種別評価

株式会社ジャックス
BRASSAの詳細
BRASSA-FAの詳細

株式会社昭洋精機
CDS-Zの詳細
AMR-1の詳細
GDM-70の詳細

株式会社Plenty
CDR-30の詳細
SOMMEG SENIORの詳細
SOMMEG MASTERの詳細

株式会社ケンマック
Kenmac-CDの詳細
Kenmac-G3の詳細

有限会社メディウス
MSF−3000の詳細

[PR]amzon