トップページ >> 個人向けのCD研磨機について

個人向けのCD研磨機とは?

CD研磨機、DVD研磨機は、通常は業務用としてつくられたものがほとんどで、その価格は10万から100万を超えるものまであります。

そんな中、一部の会社が個人向けの研磨機を発売しています。個人向けの研磨機は、価格が3000円から数万円のものがほとんどで、安い価格で手にいれることができます。

個人向けのCD研磨機は削れない?

個人向けのCD研磨機は、まず基本的にホコリや手垢を取るためのものがほとんどです。

中にはきちんと研磨して傷をとるというものもありますが、その場合浅い傷しか取れません。深い傷を削るには、削って傷をとるにはモーターなどにある程度の力が必要なため、それなりに本体が大きくなり、価格も高くなってしまいます。

また、やや強引に深い傷も削れる機種もありますが、その場合は仕上げといわれる削ったあとの処置をする工程はまずありません。

個人向けの機種の説明を読んでいるとわかりますが、「再生状態が向上する可能性もある」など、非常にあいまいな記載をしています。管理人もいくつかの個人用の機種を使用したことがありますが、残念ながら修復といえるレベルのものはありませんでした。

今後、新しい機種で傷が取れるようなものが出てくるかもしれませんが、現状を考えればもう少し時間がかかりそうです。よい機種が出てきましたら、こちらでも紹介させていただきたいと思います。

個人用の研磨機を買うよりは?

では、個人用の研磨機を買わないのなら、個人の人はどうすればいいのか?

中には業務用の機種を買うという人もいるという話をききましたが、一般の人が20万円以上もする機種を購入するというのは中々勇気がいることでしょう。

ではどうすればいいのか?最も確実なのは、プロが行っている研磨サービスに出すというのが一番です。研磨サービスは1枚300円〜500円というやや高い金額ですが、それでも自分で研磨するという方法よりはお勧めです。

まとめて発注するとある程度安くしてくれるところがほとんどなので、ある程度ためてから依頼するのがいいですね♪

研磨サービス?

現在ネットでCD研磨サービスを行っている会社はそれほど多くありません。10社程度ですので、ささっと比較してから利用するようにしましょう。「CD研磨サービス」などで検索すると出てきますので、しっかりとチェックしましょう♪

ポイントとしては、料金というのももちろんありますが、できればどの機種を使って研磨しているのかがわかるといいですね。KenmacやBRASSAを利用しているほうが、深い傷までしっかり取ってくれます。

その他はやはり料金でしょうか。研磨代だけでなく、送料などもいくらかかるのかチェックしておきましょう。高いお金を出すだけあって、綺麗にしあげてくれますよ♪

研磨機の機種別評価

株式会社ジャックス
BRASSAの詳細
BRASSA-FAの詳細

株式会社昭洋精機
CDS-Zの詳細
AMR-1の詳細
GDM-70の詳細

株式会社Plenty
CDR-30の詳細
SOMMEG SENIORの詳細
SOMMEG MASTERの詳細

株式会社ケンマック
Kenmac-CDの詳細
Kenmac-G3の詳細

有限会社メディウス
MSF−3000の詳細

[PR]amzon