トップページ >> Kenmac-CDの詳細

研磨機 Kenmac-CD情報

会社名 株式会社ケンマック
機種名 Kenmac−CD(ケンマック)
タイプ 手動1工程
研磨時間/枚 約1分30秒(バフ交換時間含む)
最大研磨力 20ミクロン
ランニングコスト 約9円
定価価格 26万円

Kenmac−CD(ケンマック)は、研磨力があるCD研磨機です。業界では非常に満足度の高く、利用者も多くいます。

最大研磨力20ミクロンというのは、ほぼすべての傷を取ることができるレベルで、他社ではBRASSA以外では達成できていません。BRASSAが出るまではこのケンマックをお勧めしていましたが、現在では完成度の高いBRASSAのほうがお勧めです。

タイプ

1工程の手動研磨機です。完全手動なので、やや手間がかかります。

人を雇う場合、その人は研磨機にかかりっきりになることになると思います。

最大研磨力

20ミクロンとなっており、BRASSAと同様の研磨力です。研磨力でみた場合、BRASSAかケンマックの2つから選ぶのがいいでしょうね。

表面の傷であれば、たいてい取れます。他社で研磨した後に、だめだったらケンマックかBRASSAとしている会社もあるようですね。

ランニングコスト

CD研磨機は、平均10円のランニングコストですが、このケンマックはやや安めの9円となっています。

実際使ってみて、他社とそれほどかわらないかな?という印象です。10円と9円の差はわかりずらいですね(汗)それでも、研磨速度も速いですし、決して高いランニングコストではないと思います。

定価

定価は26万円となっています。他社の手動1工程と比較すると、少し高めの設定です。

それでも、あまり傷がとれない研磨機をかってしまうよりは、このケンマックを購入したほうがお得だと思います。ケンマックの場合、複数の販売代理店があり、代理店によっても料金の見積もりがかわってきますので、複数の代理店に連絡をとったほうがいいでしょう。

その他評価

少し前までこのKENMAC-CDが圧倒的にお勧めな機種でした。なぜなら、この機種ほど傷がとれる機械がなかったからです。

しかし、BRASSAが出てからはその体制は大きくかわりました。BRASSAはKENMAC-CDと同様のレベルで傷が取れるうえに、完成度が非常に高いんです。

KENMAC-CDはやや昔につくられたということもあり、やはり完成度はやや低いといえます。バフをはずすときにはずしにくかったり、研磨後の粉塵が多かったりと、その差は明らかです。

多少高い値段を出しても、BRASSA、KENMAC-G3を買うほうがいいでしょう。

研磨機の機種別評価

株式会社ジャックス
BRASSAの詳細
BRASSA-FAの詳細

株式会社昭洋精機
CDS-Zの詳細
AMR-1の詳細
GDM-70の詳細

株式会社Plenty
CDR-30の詳細
SOMMEG SENIORの詳細
SOMMEG MASTERの詳細

株式会社ケンマック
Kenmac-CDの詳細
Kenmac-G3の詳細

有限会社メディウス
MSF−3000の詳細

[PR]amzon