トップページ >> GDM-70の詳細

研磨機 BRASS情報

GDM-70 会社名 株式会社昭洋精機
機種名 GDM-70
タイプ 全自動研磨機
研磨時間/枚 約5分
最大研磨力 2.5ミクロン
ランニングコスト 約10円
定価価格 198万円

GDM-70は、現在日本で販売されているCD/DVD研磨機の中で、最も高い機種です。全自動といわれるタイプの機種で、その値段は198万円!

はたしてその値段にみあった性能なのか・・・?!

タイプ

全自動の研磨機です。同じタイプとしては、SOMMEG MASTERがあります。その違いは、最大で何枚のCDを研磨することができるのかという点です。

GDM-70は名前の通り、70枚のCDを一度に研磨することが可能です。これがSOMMEG MASTERとの最大の違いです。

最大研磨力

最大研磨力は2.5ミクロンとなっています。昭洋精機の問題点であるパワー不足は解消できていないようです。

ランニングコスト

ランニングコストは、約10円という表示になっています。しかし見落としてはいけないのが電気代です。通常、電気代はランニングコストとしては含まれていないんです。

GDM-70の電気代は、200W以下とかかれています。全自動研磨機の場合、一度セットすると常に電気を消費することになります。この200Wが常に稼動していると考えると、月に2〜3万円ほどはかかるでしょう。

「その分人件費が浮くんじゃ?」と思うかもしれませんが、研磨を開始する前にセットするのに30分、さらに研磨終了後に確認やCDの収納などに最低30分はかかります。つまり、全くの自動というわけではありません。

このことを考慮すると、決して安いランニングコストとはならないでしょうし、実際に使っている方も「ランニングコストが安いということはない」とおっしゃっていました。

定価

GDM-70の定価は198万円です。50枚全自動のSOMMEG MASTERは260万円ですので、比べれば安くみえてしまうかも?

しかし、細かい部分でSOMMEG MASTERと比較すれば、その差は歴然。60万という値段の差を考えても、SOMMEG MASTERのほうが優良な機種といえるでしょう。

その他評価

全自動機種として登場したGDM-70ですが、研磨力がそれほどあるわけでもなく、研磨時間も遅い。さらにランニングコスト、本体価格も高く、全体的に完成度は低いといえます。

現状ではGDM-70もSOMMEG MASTERもお勧めできませんが、あえてどちらがいいか?ときかれれば、SOMMEG MASTERのほうがまだお勧めできる機種です。残念ながら、GDM-70はまだまだ改良が必要でしょう。

■ GDM-70販売サイト

研磨機の機種別評価

株式会社ジャックス
BRASSAの詳細
BRASSA-FAの詳細

株式会社昭洋精機
CDS-Zの詳細
AMR-1の詳細
GDM-70の詳細

株式会社Plenty
CDR-30の詳細
SOMMEG SENIORの詳細
SOMMEG MASTERの詳細

株式会社ケンマック
Kenmac-CDの詳細
Kenmac-G3の詳細

有限会社メディウス
MSF−3000の詳細

[PR]amzon