トップページ >> CDS-Zの詳細

研磨機 CDS-Z情報

CDS-Z 会社名 株式会社昭洋精機
機種名 CDS-Z
タイプ 手動1工程
研磨時間/枚 約6分(バフ交換含む)
最大研磨力 2.5ミクロン
ランニングコスト 約5円
定価価格 26.8万円

CDS-Zは、昭洋精機が製作した手動1工程のCD研磨機です。

この機種は古くからあり、昔はこの機種かPlentyのCDR−30がほとんどの小売店で持っている研磨機でした。

CDS−のタイプは改良を重ねているようで(?)、私が当時使っていたのはCDS−C3でした。現在はCDS−Zしかないようです。

PlentyのCDR−30が最大研磨力0.14ミクロンという、浅い傷しかとれない機種だったため、このCDS−を購入した人は「傷がとれる!」と感動した人も多かったようです。

ただし手動1工程ということもあり、研磨時間はバフ交換もいれると約6分・・・。すっかり時代遅れの機種となってしまいました。昭洋精機もそのことは認識しているようで、全自動のAMR-1を作成したのだと考えられます。

タイプ

手動1工程の研磨機です。最近は1工程というのは主流ではありません。バフ交換に手間がかかり、1枚あたりの研磨時間が増えてしまうためです。

バフ交換を入れると1枚研磨するのに約6分ほどかかってしまうので、大量に研磨する場合には向いていない機種です。

この機種はCDを削る部分が外にむき出しになっているため、研磨粉などが周囲に飛び散ってしまいます。カウンターなどで使用するのにも向いていない機種です。

最大研磨力

2.5ミクロンとなっており、やや研磨力に劣る機種です。この機種が出た当時は、非常によく削れる機械だといわれていましたが、現在は平均10ミクロンは削れるため、2.5では「あまり傷がとれない機種」といわれるのも無理はありません。

ランニングコスト

ランニングコストは1枚あたり4円と掲載されていますが、実際はそんなに安くできません(汗)6〜8円程度と考えておくのがいいでしょう。

定価

定価は26.8万となっています。改良しているためか、徐々に値段があがっています。

改良されているのは、ランニングコストでしょうか?当時は10円程度となっていたランニングコストが安くなっています。

その他評価

1工程の手動型であることや、研磨時間が長いこと、さらに研磨力がすぐれているわけでもないので、それほどお勧めできる機種ではありません。

PlentyのCDR-30、それにこの昭洋精機のCDZは時代遅れの機種といわざるをえません。オークションにも出品されていることがよくありますが、買わないことをお勧めします。

もう少し資金を出してでも、BRASSA、およびKenmac-G3を選んだほうが満足度は高いでしょう。

■ CDS-Z販売サイト

研磨機の機種別評価

株式会社ジャックス
BRASSAの詳細
BRASSA-FAの詳細

株式会社昭洋精機
CDS-Zの詳細
AMR-1の詳細
GDM-70の詳細

株式会社Plenty
CDR-30の詳細
SOMMEG SENIORの詳細
SOMMEG MASTERの詳細

株式会社ケンマック
Kenmac-CDの詳細
Kenmac-G3の詳細

有限会社メディウス
MSF−3000の詳細

[PR]amzon